吠え続ける犬の本音

ポメラニアンやマルチーズ、チワワなどの小型犬には「吠える」というイメージがあります。飼い主にも当然、そんなイメージは定着していて、吠えることにあまり注意を向けることはないようです。

玄関先にだれかが来て、けたたましく吠えても、「ポメちゃんだから、吠えるのは当たり前。まっ、しかたないか
と受け止めているケースが大半ではないでしょうか。

吠え声をがまんする忍耐力も犬との暮らしでは必要と達観しているのはいいにしても、それが犬のストレスになっているとしたら、飼い主としては放置しておくわけにはいかないのではないでしょうか。やたらに吠えるのは、ストレスを感じている証拠です。玄関チャイムが「ピンポ~ン」と鳴ったら決まって吠えるのは、なぜだと思いますか?

「それは、飼い主に人が来たことを知らせるためじゃないの?賢いじゃない」と思っている人、じゃあ、飼い主が玄関を開けに行っても吠えるのをやめないのはどうしてでしょう。

吠えるのが来客を告げる賢い行為なら、飼い主が気づいた時点で吠えるのをやめるのが当然では?吠えるのはどうも賢さからではないようです。

犬は領域意識の強い動物です。よそ者が自分の領域に入ってくることには非常に神経をとがらせています。玄関チャイムは、そのよそ者が来たことを知らせるものですから、

「だれかがボクの領域に入ってくるゾ。なんとか追っぱらわなきゃ!」と身がまえます。吠えつづけるのは、自衛のための行為、よそ者を追っぱらう行為なの人間とは大きさも力も比べものにならないほど小さな犬が、わが領域を必死で守ろうとしているわけですから、一般人がボブ・サップを相手にするに等しいのです。

これはものすごいストレスです。「ポメちゃんだから~」と見過ごされたら、犬はたまったものではありません。
このストレス、飼い主が解消してあげるべきだとは思いませんか?「じゃあ、チャイムを鳴らないようにするか」

耳のいい犬は、足音からも、よそ者の接近をラクラク察知します。音なしチャイムも効果なし!大切なのは、領域は飼い主が守るものだということを犬に感じさせることです。

「だれか来たけど、ボクたちの領域はご主人が守ってくれるから安心。ボクが出しゃばる必要はないもんね」そう犬が感じていれば、よそ者が来て、たとえ一瞬は吠えたとしても、飼い主の「やめなさい」の一言で静かになるものです。

飼い主が「主」、犬は「従」という関係ができていることが、領域内で犬がストレスもなく、安心していられる条件です。もちろん、そのいい関係は、自然にできるものではありません。日々の犬との接し方がカギを握っています。散歩のとき、犬に引っ張られて歩く、家族より先に食事を与える、食事をしているテーブルに登ってきても放っておく、じゃれついて飛びかかってくるのを喜ぶ…

そんな飼い主の姿勢は、本来の主従関係を逆転させることにつながっています。「どれも、わが家でやっていることばかり…」という人は主従関係の再構築、つまり、犬のストレス解消にいますぐ着手です。