愛犬と一緒に水泳を楽しむ

犬にはそもそも、持って生まれた「得意技」があります。ボーダーコリーは羊を追い込むのが得意、ゴールデンレトリーバーは狩猟犬として、猟得た獲物をくわえて持ち帰るのが得意、水猟犬もいます。その代表がラブラドールレトリーバー。泳ぎの得意なラブラドールレトリーバーは、海辺でも川でも、得意げに泳ぎはじめますが…。「
「犬かき」というくらいですから、犬はみんな泳ぐことが得意だと思っています。ところが、そうではない犬も、実はいるのです。そんな犬を、いきなり水辺に連れて行って、「さあ、泳げ」といってもムリな話。

「波のうねりも怖がらず、スイスイと泳ぐ。一緒にサーフィンするのが夢…」その夢を実現するには、まず、水に慣らすことからはじめます。

犬にとっては飼い主と関わってなにかをすることは、すべて遊びになります。「水は怖い」というトラウマを植えつけないかぎり、すべては楽しい遊び。水遊びがトラウマにならないように、けっしてムリ強いはしない。その一点だけを気をつけましょう。

水に慣らす方法はいくつかありますが、まずは家の中ではじめましょう。小型犬なら洗面器、大型犬なら、たらいやビニール製の子ども用プールを使います。お風呂場でもできますし、庭先でも、ベランダでもはじめられます。

容器に水を張ったら、飼い主は犬の好物を持って呼び、その手を水面に近づけて「よし」。つまり、「食べていいよ」というサインを出します。

ここで犬がすんなりと食べればOK。少し躊躇する様子が見られたら、手を水面から遠ざけて、「よし」。これを繰り返して、より水面に近いところで好物を食べさせるようにしこの段階をクリアしたら、次のステップへ進みます。

まず、好物を持った手を水面に沈めます。水の中にある好物を食べるためには、犬の顔は水面にふれることになりますが、このときまたも躊躇するようなら、食べることができた位置まで逆戻りして、再び沈めます。

本来、犬は鼻先や顔を水の中に入れることは得意ではありませんが、一度はびっくりした犬も、2回目ともなれば、「好物を食べるためなんだから、鼻先がちょっとぬれたくらい平気さ!」と慣れてきますから、次はさらに好物を沈めても「パクッ!」。このときは、できれば足先だけは水につけるように、洗面器やプールの中に入れておいてからやるようにするといいでしょう。子犬のころからシャンプーに慣れていれば問題はありません。

顔が水にぬれることに慣れたら、今度は水面をパシャパシャさせてみる。「動く水面」にも慣れてきたら、ここではじめて水辺に連れて行きましょう。最初は水際で。犬も飼い主もいっしょに水遊びを楽しんでください。ボールや木切れで遊ぶことが上手なら、まず、それを楽しみましょう。

水の中に顔をつけることがすでにできているわけですから、ボールや木切れが水中に浮いている状態でも、くわえて持ってくる「遊び」は十分にできるはずです。「こんな遊び、はじめて!わ~い、楽しいな~」それにはまず、飼い主がお手本を示します。砂浜から水際へ走ります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です